システムソフトウェア研究室 - Laboratory for System Software
We love system, network and programming

筑波大学 大学院システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻・情報学群 情報科学類 - Department of Computer Science, Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba, Japan

ABOUT US

加藤和彦 教授
阿部洋丈 准教授
長谷部浩二 准教授(マルチエージェント研究室
岡瑞起 准教授(ウェブサイエンス研究室

Kazuhiko Kato, Professor
Hirotake Abe, Associate Professor
Koji Hasebe, Associate Professor (Lab for Multi-Agents
Mizuki Oka, Associate Professor(Lab for Web Science

1993年より一貫してシステムソフトウェアの研究に取り組んでいる研究室です。オペレーティングシステム,分散システム,ネットワークシステム,仮想計算環境,情報セキュリティ,クラウドコンピューティング,サイバーフィジカルシステム(新交通システム等)の研究を行っています。

Since 1993, we are working on system software research including operating systems, distributed systems, network systems, virtual computing environment, information security, cloud computing, and recently intelligent transportation systems.

ニュース
・[20.4.7] 加藤教授が文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)を受賞しました。
・[20.3.14] 根本晃輔君が情報処理学会 コンピュータと教育研究会 学生奨励賞を受賞しました。
・[19.12.23] 深井貴明君(2018年博士号取得)がIEEE Computer Society Japan Chapter Young Author Award 2019を受賞しました。
・[20.8.30] 加藤教授が日本ソフトウェア科学会 功労賞を授賞しました。
・[20.6.2] 加藤教授が情報処理学会フェロー称号を受賞しました。
・[20.3] 根本晃輔君(受賞時は情報科学類4年)が,情報処理学会第79回全国大会において学生奨励賞を受賞しました。 (専攻ニュース)

以前のニュース...

about-image

Recent Works

最近の研究の一部を紹介します。--- Part of our recent work

this is a title

SDNを利用した分散システム基盤

Distributed system software using SDN

this is a title

ディペンダブル・クラウド

Dependable cloud computing

this is a title

メニーコア計算機向けのビッグデータ並列処理方式

Parallel big-data parallel parallel processing for many-core processors

this is a title

仮想マシンモニタ

Virtual machine monitor

this is a title

SoftwarePot

SoftwarePot

this is a title

新交通システムのための知的運行管理システム

Intelligent operation management for new transportation system

当研究室で学べること -- Knowledge & skill you will learn

研究室で学べることはとても多角的です。研究室に入る前と後で見違えるほど成長することを幾多の先輩が証明しています。- Learning in the laboratory is very diverse. A number of OB/OGs have proven that they grow tremendously before and after entering our laboratory.

システムプログラミング - System programming

システムが提供する機能を理解し,適材適所で使っていく。システムの機能をそのものを創って行く。それがシステムプログラミングの醍醐味です。- Understand the functions provided by the system and use them in the right place. Create the function of the system itself. That's the power of system programming.

システムデザイン - System design

システムに求められる機能を分析し,その機能を提供するのに最も相応しいアーキテクチャを見出し,システムを設計することを学びます。- Analyze the functions required of the system, find the most appropriate architecture to provide the functions, and learn to design the system.

システム分析 - System analysis

システムの複雑性を分析してそれを単純化する方法,性能ボトルネックを分析してそれを解消する方法を開発します。- We develop a method to analyze system complexity and simplify it, and analyze performance bottleneck and solve it.

言語力 - Linguistic skills

言語力を高めることは,人間同士のコミュニケーションに必須なだけでなく,論理的な思考力を養うためにも重要です。- Developing linguistic skills is not only essential for human communication, but also important for fostering logical thinking skills.

英語力 - English ability

卒業あるいは修了までに膨大量の英語文献を読めるようになるでしょう(博士後期では書くことも)。研究室内の留学生達と英語で議論を交わす楽しみを覚えることでしょう。- You will be able to read a large amount of English literature before completion (also write in doctoral course). You will enjoy the pleasure of discussing English with foreign students in the laboratory.

プレゼンテーション - Presentation

プログラミングに標準的な方法論があるように,プレゼンテーションにも標準的な方法論があります。ここで学ぶプレゼンテーションの方法論は,研究以外の分野でも役に立つことでしょう。- Just as there is a standard methodology for programming, there are also standard methodologies for presentations. The presentation methodology you will learn here will be useful in other fields as well.