研究

分散並列システム

 ビッグデータを高速処理するために、多数のCPUコアを持つメニーコア計算機向け処理技術に関する研究を行い、高スループット計算の新手法を開発しています(図1)。また、自律的な障害復旧や省電力化が可能な分散システムを、マルチエージェントシステムやゲーム理論などの手法を用いて設計開発しています。さらに、仮想マシン技術を利用した分散並列システムの管理技術を開発しています。    

ビッグデータ処理向けメニーコア並列処理

ネットワークシステム

 災害復旧や大規模科学計算(e-Science)などの際に発生する巨大なデータフローを、Software Defined Network(SDN)技術やTCPスループット予測技術などを用いることで効率的に扱うためのネットワークシステム基盤の研究開発を行っています(図2)。    

SNSのコミュニティー系統図の可視化

Webシステム

 Webシステムから得られる人々の行動データを分析して、数理的・工学的手法を新しい人間性の発見につなげていくための研究を行っています。さらに、データ自らが相互作用を起こして生まれてくる自己組織化現象など、マッシブデータフローが作るWebシステムの生命性に注目した理論の研究も行っています。

図3

SNSのコミュニティー系統図の可視化